2017年11月25日土曜日

北京外国語大学に留学中のYoheiです。
ここ最近の北京は一段と冷え込みが増し、本格的に冬が到来しています。


そして今学期の半分が既に終了し、私の留学もあと2か月弱となりました。
そろそろこの留学生活ともお別れしなくてはならないと思うと
とても寂しさがこみ上げてきます。
長かったようで短かったこの期間、本当に色々な事がありました。
楽しかったこと、大変だったこと、数えきれないほどの出来事がありました。
今、授業がある程度一段落して、クラスは全体的にワイワイした良い雰囲気になっています。
この前はグループワークの一環として各班に分かれ公園での街頭インタビューにチャレンジし、
あまり話したことがなかっ た人とも打ち解けることが出来ました。
今度の週末には、初めてクラス全体で食事をする予定で全員が和気あいあいとした雰囲気となっていて、本当に毎日が充実しています。
また来月には一週間ほどの長い休みがあるので、何をしようか友人たちと計画しています。
それが終わると日本でいう学園祭のようなものが行われます。
行事が目白押しで今からワクワクしています。





 

2017年11月20日月曜日

こんにちは、仁川大学に留学中のnamiです
韓国は最近一気に寒くなり、朝晩の冷えが厳しいです。
最近は、期末レポートや発表準備に向けて毎日追われている毎日です(~_~;)
そんな毎日ですが、息抜きと勉強の為に「Painters」という舞台を観に行きました。

この公演は音楽とダンスに合わせて絵を描くいていくパフォーマンスで、絵の芸術性と完成度も素晴らしいですが、台詞なしでここまで観客を楽しませる演出にも関心を持ちました。

芸術は言葉を超えるという事を見ることができ、自分自身も体験できました。
1時間という短い公演でしたが終始目が離せない公演でした。
ぜひ韓国に来た際には一度観てみて下さい!










こんにちは。韓国外国語大学に留学中のjunkiです。
11月中旬に入り、韓国は急激に寒くなりました。
気温は零度以下で厚着をしなければ外に出られないほどの寒さです。


今回は韓国で起きた地震の状況について書きたいと思います。
今月15日、韓国南部で浦項(ポハン)付近でマグニチュード5.4の地震がありました。
この地震で、建物の壁が崩れたり、怪我人がでるなどの被害がありました。
緊急地震速報が鳴った時は私もびっくりしました。
韓国外大はソウル中心部に位置して、被害はありませんでしたが少し揺れを感じました。
日本では頻繁に起きる地震ですが、韓国は地震があまり起きませんので周りの韓国人はとても驚いていました。


この地震の影響で、建物の被害や怪我人の他にもう一つ被害が出ました。
地震の起こった次の日16日に行われる予定だった大学入試センター試験に相当する「大学修学能力試験」が、試験会場の安全を確保するために1週間延期されることになり、ニュースでも取り上げられていました。
すでに全国に送付された問題用紙の管理方法を巡って論議が起きています。
私がいつも勉強をしている所でも、地震が起きた後にも関わらず高校生達は一生懸命徹夜をして勉強している姿がありました。
その姿勢はすごいなと感心しました。


これをきっかけに韓国では、地震の対策に関する記事も多く出ていて、地震を身近に感じるようになってきています。
留学中にこのような貴重な体験をしました。
日本と韓国での地震について、違う部分が多いと感じました。

2017年10月24日火曜日

北京外国語大学へ留学中のYoheiです。

今学期が始まって早くも二ヵ月が経ち、クラスの雰囲気にも大分慣れてきました。
その中でこの間初めてクラステストが行われ、スピーキングとライティングどちらも満足いく点数を獲得することが出来て一安心しています。
先学期のクラスと違い、今のクラスは全員が授業に対して積極的です。
最初は少し戸惑う部分もありましたが、とてもいい影響を受けています。
2、3週間後には重要な中間テストが控えているので、しっかりと準備をして臨みたいです。
追加履修した二つのHSKと作文の授業は今までになかった形の授業内容で、とても新鮮です。
特にHSKのテストは通常の授業の雰囲気と違い、試験対策授業ということで皆が全員真剣に授業に取り組んでいます
それを見て自分も負けじと奮闘しています。
最近の北京は10月に入ってから急激に温度が下がり、そろそろ本格的に冬に入りそうです。
早朝は特に寒く、朝起きるのが少しつらい時もあります。
そんな中で部屋の暖房等の機器がようやく使用可能になり、いったん部屋に入ると外に出たくなくなります。


2017年10月23日月曜日


こんにちは。韓国外国語大学に留学しているjunkiです。
ソウルは現在、寒かったり、暑かったりと気温の変化が激しいです。
さて、今回は韓国語能力試験についてです。
韓国語能力試験はTOEICと同じように聞き取り・読みがあり、韓国語能力試験には書きがあります。
また、トピック1(初級1・2級)・トピック2(中級3・4・5・6級)とレベル別に分かれていて、点数で級が決まります。
開催される回数は1年に4回ほどありますが、日本では2回しかありません。
そのため韓国でのチャンスは多いです。
会場も多くありますがソウル市内の会場は受付が始まった瞬間に満席になるので、早めに申し込みをした方がいいです。
私は今回1022日に受験しました。
前回の結果は4級を合格しました。
今年最後の検定試験のため高級の6級合格を目指して勉強をしています。



2017年10月21日土曜日

こんにちは。韓国・仁川大学に留学しているNamiです。
仁川も一気に寒くなり、冬の到来を肌で感じるこの頃です。

さて、前回に引き続き演劇サークルについてご報告していきます。

今回行った演劇は日本でも大人気だった「野ブタをプロデュース」です。

私は主人公のノブ子をいじめる坂東役で出演させて頂きました。

本番は大きなハプニンングもなく無事に終わりました^^

正直、本番直前まで小道具がなかったり移動をどうするかなど解決していない問題が多く不安でしたが、みんなが協力して助け合ったおかげでその問題も無かったかのように出来ました。

1時間という長い舞台の為に夏休みを返上して2ヶ月間頑張った仲間達に、本当に拍手と感謝の気持ちでいっぱいです。

この経験は韓国留学生活で思い出に残る事であり、大切な仲間ができました。






2017年9月26日火曜日

北京外国語大学へ留学中の浅川です。

今月に入り、やっと新学期が始まりました。
先月のドキドキしていたのが嘘のように一か月が過ぎました。
今学期は先学期からいる生徒が20人弱、そして今学期から来た生徒が120人という形でクラスの大半の人達が初めまして!になっています。
自分のクラスは全員で20人弱でヨーロッパ、南米、アジアといった様々な国々の人々と勉学を共にしています。
また今学期は先学期に比べて生徒数が非常に少ないです。
この半年で耳も大分慣れてきたのか、授業の説明がいくらかスムーズに聞き取れるようになりました。
そのおかげなのか毎日の授業が非常に楽しいです。
クラスメイトとも早くも打ち解けてきています。
追加授業は今回作文とHSK4級の授業を受講しています。
HSKの授業は本来のテストより難しいレベルのものを毎週解いていくので、ここでしっかりとものにしたいと思っています。


宿舎について。
宿舎は来年の1月まで住むことができる手続きが終わりました。
また夏休みと違って人が増えたこともあり、賑やかな声が時々聞こえてきます。
今の宿舎は前学期のところと違い何不自由なく暮らせる反面、あまり他の留学生同士との交流の場面がありません。
ですので一人で部屋にいるとたまに寂しくなることがあり、ふと前学期住んでいた寮を思い出すことがあります。